冶金行业危险源管理制度

メディアに取り上げられた情報です。年度別にご覧ください。

冶金行业保温材料 | 2018 | 2017 |2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2006-2009 |

2019年11月9日発行 旅の手帖 12月号

冶金行业冷凝器

カタシモワイナリー直売所 大正3年(1914)創業のワイナリーの直営店。自社農園で栽培したブドウを使ったプレミアムワインもあります。

(2019年11月9日発行 旅の手帖 12月号)

2019年11月26日 北海道新聞

中国长乐冶金行业协会

「よう北海道でブドウ作ったなぁ。苦労したなぁ。」10月下旬、奈良と接する大阪柏原市にあるワイナリー「カタシモワインフード」の高井利洋社長(68)は、訪れた池田町ワイン友の会の一行23人を、仲間を迎えるように歓迎した。

(2019年11月26日 北海道新聞 より引用)

2019年10月8日 読売新聞

冶金行业煤气专项治理

新しい大阪名物の開発を通じて、活性化策を考える「OSAKAもの・ことづくりオープンフォーラム」が大阪市阿倍野区の阪南大学あべのハルカスキャンパスで開かれた。

(2019年10月8日 読売新聞(夕刊) より引用)

2019年9月11日 日本経済新聞(夕刊)

河南冶金行业设计院

昨年には、西日本で初めての自治体のワイン研究施設が羽曳野市に設立され、醸造業者らが連携して品種改良などに取り組んできた。年内には大阪の風土に合う新種のブドウを発表する予定だ。大阪ならではの個性的なワインで、世界に打って出たい。関西の産地は世界もとより、国内でも長く苦戦を強いられてきた。目指すは逆転ホームランだ。

(2019年9月11日 日本経済新聞(夕刊) より引用)

2019年9月16日 読売新聞週刊わいず倶楽部1

中国长乐冶金行业协会

大阪府のブドウ栽培は古くから盛んで、1935年頃には栽培面積が全国一だった。南大阪・河内地域では最盛期に約120のワイン醸造所があったといい、中でも1914年創業のカタシモワイナリーは、西日本最古とされる。

(2019年9月16日 読売新聞 より引用)

2019年8月 シティ信金だよりVol.771

中国长乐冶金行业协会

高井利洋社長が製造するワイン7種類がG20大阪サミットのディナーやランチの場において各国首脳陣に振る舞われました。

(2019年8月 シティ信金だよりVol.771より引用)

2019年7月15 産経新聞 夕刊

河内産ワイン さらなる飛躍を

雨が比較的少なく、水はけの良い山麓の畑が多いなどの好条件に恵まれた府内のブドウ栽培は、柏原市と羽曳野市を中心に発展。昭和初期には、府の栽培面積が全国一の座に輝いたこともあった。 そんな本場で「カタシモワインフード」は大正3年の創業以来、100年を超える歴史を重ねてきた。

(2019年7月15日 産経新聞 より引用)

2019年7月4日 産経新聞 夕刊

G20 狂騒曲

大阪迎賓館(大阪市中央区)で6月28日夜に行われた各国首脳らをもてなす晩餐会でテーブルに上ったのは、大阪府南部・河内特産のワイン。

(2019年7月4日 産経新聞 より引用)

2019年6月29日 産経新聞 夕刊

晩餐会 但馬牛・水ナス・河内産ワイン

スパークリングワインが採用された大阪府柏原市の「カタシモワインフード」の高井利洋社長(68)は、「夢のような話。ワイン造りの長い歴史の中でも初めての出来事だ」 と喜びをかみしめた。

(2019年6月29日 産経新聞 より引用)

2019年6月29日 読売新聞 夕刊

首脳 食いだおれの宴

28日夜の夕食会にはG20参加国の首脳や配偶者らが出席。食材は大阪を中心に全国17道府県の産地のもので構成されたほか、酒類も地元産が振る舞われた。

(2019年6月29日 読売新聞 より引用)

2019年6月29日 日経新聞

関西食材 首脳ら舌鼓

G20大阪サミット。「大阪、関西の素晴らしい食材、お酒の魅力を存分に味わってもらいたい」。27日夜、G20大阪サミット関西推進協力協議会が主催した歓迎レセプション。吉村洋文知事のあいさつの後、集まった各国関係者ら約280人は大阪府柏原市のワイナリー「カタシモワインフード」のスパークリングワインで乾杯した。

(2019年6月29日 日経新聞 より引用)

2019年5月25日発行 月刊 たる 6月号

大阪発!カタシモワインフードが造ったお寺のワイン

カタシモワインフード(大阪府柏原市)は1914年に創業し、日本酒の製造技術を用いてワイン醸造を始めた西日本で現存する最古のワイナリー。かつて日本一の産地だった大阪のブドウ畑を後世に残し、地域と共に歩んで行こうとワイナリーツアーやイベント等、様々な取り組みを積極的に行なう。このたび隣接する奈良県王寺町の活性化に協力し、王寺町にゆかりのある達磨寺とそこに祀られている雪丸をモチーフにしたワインを造り上げた。

(2019年5月25日発行 月刊 たる 6月号 より引用)

2019年4月15日発行 Real Wine Guide 2019spring

日本ワイン カタシモワイナリー

顔を合わせたとたんに「もう2018年はボロボロや。台風と日照りでウチのデラウェアは2/3がぶっ飛んでもうた。それもあって農家から70tものデラを引き取ったので、毎日毎日大量のデラが軽トラに乗ってやってくるんや。夢にまでその光景が出てきて、もう髪も真っ白やー」と??井利洋さん。

(2019年4月15日発行 Real Wine Guide 2019spring より引用)

2019年4月18日 大阪日日新聞

西日本最古のワイナリー

世界中から若者 ツアーに感激の声

(2019年4月18日 大阪日日新聞 大人の社会見学 より引用)

2019年4月10日発行 ぴあMOOK関西 関西の粉もん

粉もんを引き立てる専用酒

「ほんまもんをカジュアルに楽しんでほしい」と、大阪のブドウ農家と小さなワイナリーがタッグを組んでプロデュース。シャンパーニュ方式と呼ばれる瓶内発酵で1本1本じっくり本格醸造。全国3位の生産量を誇る大阪のデラウェア特有の甘さが感じられ、ソースとの相性は抜群だ。

(2019年4月10日発行 ぴあMOOK関西 関西の粉もん より引用)

2019年2月1日発行・発売 Meets Regional

ミナミの顔・大丸心斎橋店に”大阪のええもん”が大集合。

フツウじゃおもろないやん!カタシモワイナリー×バレンタインのスペシャルコラボ。

(2019年3月月号 Meets Regional より引用)

2019年1月23日 毎日新聞

日本のワイン 変える

各地の和食に合うワインを開発し、世界で知名度を高めたい。日本のワインを西日本から変えたいと願っています。

(2019年1月23日 毎日新聞 より引用)

JAバンク大坂 中之島倶楽部

JA管内 ぶらり探索柏原市

名物社長が旗振り役。柏原から世界を見据えるワイナリー

(2019年冬号 中之島倶楽部 より引用)